人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新型コロナワクチン接種予約について 高齢者の次の話

新型コロナワクチン接種、当院の接種も5月31日より開始して3週間が経過し、今週からは2回目の接種に来る方も居られます。

当院の接種は、1回目が18人、2回目が18人、合計36人の接種を毎日行っています。
木曜日は半日なので、6人+6人で12人 結局1週間で192人の接種を通常の診療業務の合間に行っています。
これは想像ですが、無床医療機関の接種数としては、かなり多い方では無いかと考えています。

それ以外に、昼休みに高齢者施設の接種に出向いたり、休日の日には、医師、看護師ともアスティの集団接種にかなりの頻度で出掛けています。
そういう毎日です。

何故ここにこういうことを書いたかと言えば、高齢者の最初の予約が始まったとき、ネットで取れず、コールセンターに電話つながらない人達が
大勢当院に直接電話をかけてきて、自院での予約をしてないと言うと「お宅は地域に貢献してないんやな」と言った人が居たとスタッフから聞いたからです、自分の予約が取れなかったからと言って、言うに事欠いてそこまで言うか・・と思うと悲しい気持ちになりましたが、私たちが大勢の人に接種をしつつ、休日も返上でアスティの接種にも行っていると言う事を、スタッフのためにも解っておいて欲しかったからです。

予約枠は、3週間毎に作成して、徳島市へ提出しています。
予約センター(コールセンター)にアップして貰う為です。
先日7月12日から3週間の枠’(2回目を入れると6週間の枠)を作って提出したところです。

さて、徳島市によると高齢者の接種は前回の予約で終わり(国の施策通り7月中に高齢者の接種を終わらせる為)、7月12日からは60-65才の人の接種を始める予定です。受診券は6月28日から、順次発送7月5日までには全ての対象者に届くようにするとのこと。
予約開始は7月6日からになるらしいです。
もちろん、これはコールセンターでの予約の話であり、1部医療機関では事前に独自で受け付けるところもあるそうです。
当院は、高齢者と同じく、今回もコールセンターでの予約になりますので、当院で接種を希望の方は、これまで通り、接種券が届いてから、予約センターで予約を取ってください。

予約枠ですが、高齢者の時は電話の枠を12人、ネットの枠を6人と電話有意にしておりました。
これは、当院の患者さんの年齢層を考えての事でしたが、以外と本人、もしくはご家族がネットを駆使して取っていた方が多いのにびっくりしました。
そういう訳で、今回は年齢層も下がるし、更にネットの人が増えると考えて、ネットが14人、電話が4人と圧倒的にネット優位にしました。

さて、最近基礎疾患(糖尿病や高血圧など慢性疾患)のある若い患者さんが、徳島市へ電話をしたら、優先接種の対象なので、医療機関で予約をして貰えと、そういう連絡を頂いています。
政府から貰って居るプリントには、65才未満の方に関しては、かかりつけ医の判断で接種をお願いしますと、あっさりひと言だけ書いてあります。

当院では、自院予約をしていないので、
基礎疾患のある方で、60-65才の枠の人は、今回の接種券が届けば、予約センターで予約をしていただく、それより若い方は、徳島市に連絡して早く接種券を送って貰い、その段階で予約センターで取って貰う そういう風にお願いしたいと思います。

何故自院で予約をしないのか?
自院で予約をやりだすと、その電話対応だけで忙殺されて、通常のワクチン接種や診療に支障が出るおそれがあるため。
厚労省が言うところの基礎疾患は、高血圧や糖尿病など一般的な慢性疾患が殆ど含まれるので、当院に通院中の殆どの患者さんが対象となり、
結局のところ、早い者勝ちになってしまこと。多くの方は枠から溢れてしまうこと。
年齢別段階に7月末までには、殆どの方に接種券が配られること、以上を総合的に考えての判断です。

現在の徳島県でのコロナの発生状況、接種券発行が加速されること、自院の枠が限られていること、アスティの集団接種も加速してきていること
以上を考えながら、色々な方向で予約をしていただけたらと思います。





# by takahashi-naika | 2021-06-22 11:11

新型コロナワクチン接種について

本日より、徳島市のワクチン接種が始まりました。
予約センターへ電話をかけた方、インターネットでアクセスした方などから、予約が取れない、全部埋まっているとのお叱りをいただきました。
ご不便をおかけして申し訳ありません。

ただ、私が20日夜10時現在予約サイトをのぞいてみると、インターネットの枠は埋まっていますが、コールセンターの枠は近いところ、例えば6月7日でもまだ殆ど埋まってません。
電話が繋がらないので取れなかったのでしょうか?
多分、電話が繋がれば、まだ枠は沢山あると思うのです。

当院の枠は、午前6人、午後12人です。1日18人の接種、2回目の接種が始まればこれの倍の36人の接種を
診療の合間にすることになります。他院のことはわかりませんが、結構沢山接種をする予定にしている方ではないかと思うのですが。

1日に打てる人数が決まっていますので、その中で早い遅いの順番が付く、また順番が取れないと言うのは仕方の無いことです。ただ、思い違いされている方もおられるかもしれませんが、今日取れなかったら全て終わりではありません。予約の枠は、日時が進むにつれて新たに出てきます。1回目と2回目の枠は違うので、1回目接種の枠は、時間が増えるに従って、空きが多くなるはずです・ワクチンの数は十分にありますので、皆さん慌てずに予約をしてください・

次に色々あるお問い合わせの件について

基礎疾患のある人がワクチンを打って良いか?
もちろんです。糖尿病や心臓病などがある人は、コロナ感染した場合重症化のハイリスクですから。
この病気があるからワクチンがだめ、この薬を飲んでいるからだめ・・と言うことはまずありません。

ワクチンの接種を控えた方が良いのは、今現在別の急性感染症(肺炎など)にかかって治療を受けている方です。慢性の感染症、例えば、肺の非結核性抗酸菌症(肺Mac症)などの人は、これに当たらず、接種の対象になります。
また、現在全身状態の不良な人、例えばがんの末期でご飯が殆ど食べれてなくて寝たきり・・みたいな人です。

副腎皮質ホルモンを大量に使用している人、免疫抑制剤を内服しているような人は主治医に尋ねてみてくだdさい。
血液さらさらの薬を飲んでいる人も大丈夫です。打ったあと少し長めに2分ぐらい押さえてください。

一番怖いのは、過去にワクチンや、食品、化粧品、毛染めなどで、ショック(意識不明の状態)になった人、全身の激しい皮膚症状の出た人などです。そういう方は必ず医師にご相談ください。

よく見られる副作用として、1回目はともかく、2回目の接種の後は、一過性の発熱や倦怠感、頭痛など多いようです。
一過性なので、ある程度の覚悟はしておきましょう。

ワクチンに関してはまた随時お知らせします


# by takahashi-naika | 2021-05-20 21:36

年の終わりに

コロナに始まった2020年は、コロナとともに終わろうとしています。
コロナとの戦いは、まだ暫く続くと思います。

幸いなことに、徳島県は田舎であるせいか、人気ががないせいかわかりませんが、コロナの発生数では全国最下位を争う位置にいます。
これは、ひとえに県民の努力のたまものではばく、徳島県が田舎であり、人気のない県であることが幸いしてると私は思います。だから油断をすると、いつでも感染爆発が起こる可能性はあると思います。

次第に分かってきた事があります。
コロナは、黄砂のように遠くから飛んで来て、頭の上から突然ふりそそいで来るものではありません。
どこかに流行っている場所があり、そこから持ってかえってきた人が、周辺に振りまき、それが広がっていくものだと思います。
だから、対策はひとつ。感染しそうな場所、行動を避けるにつきます。
これまででは、やはり会食、カラオケなど、多人数が集まってマスクを外す機会が多い場所が危険なように思います。そういうところを避ける。
そして、いつ感染しているかも分からないので、マメに手を消毒すること。消毒してない手で自分の顔を触らないことだと思います。

個人的には、オリンピックをまず諦めないと、政府の本腰も入らないように思います。
そして、政府は片方で用心しろと言いながら、片方では無謀なGoToでウイルスをばらまいています。
政府と言うのは、国民を騙して危ない目に遭わすものだ・・と言う事は過去の太平洋戦争を振り返っても明らかであり、国民はいつもそういう目で政府を見て、正直に愚策にのっかってはダメだと思います。
僅かなお金の為に、自分のリスクを切り売りするようなことは愚かなことだと思います。

そういうことに気をつけつつ、自分たちの毎日を充実させる。
それは、必ず出来るはずだし、コロナ後の私たちの生き方とも拘わってくることだと思っています。





# by takahashi-naika | 2020-12-18 11:00 | 日常雑記

ネガティブをポジティブに!

みなさん、こんばんは。

緊急事態宣言が終わって、少しホッとされているでしょうか?
私はそうでもありません。
コロナの脅威はまだまだ続くと思います。
例えてみれば、今までは、防空壕に隠れていたので、弾に当たらなかったど、大丈夫かと思って外へ出て行けば、
またどっかで弾に当たらないとは限らない、そんな状態かなと。
緊張感を持ちつつ、毎日を過ごしたいと思っています。

この自粛期間を始め、この数ヶ月皆さんは色んなストレスに晒されていると思います。
経済活動の縮小による、生活への懸念。
学校が休みになることの不安。
子どもが家にずっと居るので、その世話の疲れなど。
数え上げれば切りがありません。

人間はストレスに弱い生き物です。
それによって、また体調を崩す人も多いです。
ですから、私は皆さんにお願い、そして提案をしたい。

ネガティブをポジティブに変える発想、その力を持ちましょう。

そんなたいそうな事を言ってるのではありません。
些細なことで良いのです。

私の例を挙げてみましょう。

例年5月の連休は、大阪の野外音楽フェスに出掛けるのを楽しみにしていました。
でも、コロナのせいでフェスは中止。ずっと家に居ました。
普段やっているボウリングも、バレーボールもすることは出来ない。
連休をどう過ごそうか?

私は連休の間、ずっと部屋の掃除と整理をしていました。
2年ぐらい前から、ずっとお預けになっていたのがやっと出来ました。
部屋が見違えるように綺麗になり、無くなったと思っていたものが色々見つかりました(笑)。
夜は毎日家の近くを歩いていました。ウオーキングです。
最初は30分程度だったのが、次第に時間が伸び、今では毎日1時間以上歩いています。
雨の日は、家の中を歩いてみました。
幸い私の家は横長に広いので。床は平旦で歩きやすいし、電気が点くので明るいし、冷蔵庫もトイレもあるし。
単調かなと思いましたが、それほどでも無かったです。夜の屋外にしても、真っ暗で単調だし、足下悪いしね。
お陰で少し体重が減りました。
部屋の整理で見つかった、買ったままで放置してあった本やCDが大分消化出来ました。
料理が好きなので、色々レシピを調べて、毎日何か料理を作っていました。
コロナ後の事も考えて、病院のシステムを色々と変革しようと、それを考える時間も出来ました。

これは私の例ですが、皆さんも同じように考えてみてください。
家でじっと引きこもらないで、屋外へ出てみてください。
マスクをして、大勢の人の居ない、静かなところを歩いたり、野外活動をしてみましょう。
普段やろうとして、出来なかったことをしてみましょう。
子どもや、孫の世話が大変?
子ども達をお客にしてはいけません。家事や育児を手伝わせしょう。
一緒にご飯を作ったり、一緒に洗い物をしたり。そして一緒に本を読んだり外で遊んだりしましょう。
ソーシャルディスタンスは保たないといけませんが、家族の距離は近くなるはずです。

今はとてもネガティブな事が多い時期です。
でも、それを何とかポジティブに変えていきましょう。
その力を持ってください。

そんなことを思いながら、診療に励んでいます。











# by takahashi-naika | 2020-05-17 22:15 | 診療雑記

当院の感染対策について



新型コロナウイルスが、日本中で、いや世界中で猛威を振るっています。
日本の首都東京が今、医療崩壊の瀬戸際に立っています。
わが徳島県は、この2週間以上新しい発生も無く、全国でもトップクラスの少なさを誇っています。
これは、わが県民の素晴らしい県民性と考えたいですが、多分そうではなく、我が県が田舎であること、
公共交通機関が発達しておらず、県民がみな個人の車で移動することが多いこと、大規模なイベントがあまり無い事が、たまたまプラスに働いているのだと思います。
いずれ我が県にも、コロナの猛威はやってくるでしょう。
多分、GW空け暫くの頃から始まるのじゃ無いかなと思っています。

医療崩壊が起きないためにも、オーバーシュートすることなく、散発的な発生を長く続かせて、治療薬やワクチンの登場を待つと言う事になりそうです。
多分1年を超える戦いになると思うし、来年のオリンピックも無理だろうと個人的には思っています。

さて、医療機関での感染を防ぐために、厚労省の通知の元、当院でも色々な対策をしています。
まず、感染が疑われる人と、そうでない人との動線を分けています。
自動ドアの前にも通知の看板を出していますが、「熱、咳、鼻水などの風邪症状のある人は、建物へ入らずに、受付までお電話をください。(電話 088-643-0122)。

電話を頂くと、事務員が別の出入り口へ案内します。
別の出入り口は、南側通路を通って西へ歩いてすぐにあります。
入口に花があり、「新型コロナウイルス対策中」のシールが貼ってあります。
そこから建物の中に入り、左手のリハビリ室へ入って貰います。
そにに診察室を設けてありますので、そこで診察、会計もそこで行います。
お薬が必要な方は、薬剤師がお薬をそこへ持って来ます。
ドクターは、ゴーグル、手袋、ガウンを着た格好ですので、一瞬ぎょっとされるかも知れませんが、
これも院内感染防止の為ですので、ご了解ください。

では、どのような人が、この診察室に入るのか?

当院ではかなり基準を厳しく取っています。
1週間以内に熱の出ているひと
1ヶ月以内に出現した風邪症状が続いて居るひと
匂いを感じないなどの、自分がコロナではないかと疑う人

以上の方なります。
自分はコロナじゃ無い、ちょっと軽い風邪を引いているだけって思う方は多いと思いますが、
軽症の方も多いと言われていますので、(無症状の人もいるらしいですが、それはチェックするのが無理なので)疑わしきは罰せるの考えでいかないと仕方無いと思います。

自分はコロナじゃないに、そんなところへ入ったらコロナがうつると心配する人もいるでしょう。
診察室は、先の人が退場したら、消毒して最低5分換気をしています。
そのために、感染症状の人が続くと、待ち時間が長くなりますのでご了承ください。
診察を待つ間は、車の中で待機していただきますので、重ねてご了承ください。

病院によっては、車の中で診察しているところもあるようです。
車の中は、ある意味密室でありますし、プライバシーに配慮しながら、十分な診察が出来るとは思いませんので、私たちはこういう方法をとらせていただいています。

そしてお願いしたこと。
現在の徳島県の情勢では、ちょっとした風邪症状では、コロナの検査はしてくれません。
先日当院から、帰国者接触者外来へ検査に行った患者さんは、熱が出だして10日目、3回目のお願いでやっと検査をしてくれました。
ですから、少し熱が出た、ちょっと風邪気味ぐらいの症状であれば、すぐに病院へ来ず、3-4日程度自宅で療養して、治らない場合に受診して頂くのが、こちらとしても助かることを御理解ください。

以上、当院の感染対策をご説明しました。
患者、医療者ともに感染を防御することに努めていきましょう。

当院の感染対策について_a0310110_01085266.jpeg
当院の感染対策について_a0310110_01112440.jpeg
当院の感染対策について_a0310110_01112194.jpeg
当院の感染対策について_a0310110_01082032.jpeg
当院の感染対策について_a0310110_01081205.jpeg
当院の感染対策について_a0310110_01080478.jpeg



# by takahashi-naika | 2020-04-20 01:13

たかはし内科 院長 日々の診察雑記帳


by takahashi-naika
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る