人気ブログランキング |

<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

忙しい時期のぼやき

11月に入るとインフルエンザワクチンを打ちに来られる患者さんが増えました。
健診の人も増え、健診に会わせて胸のレントゲンや、胃の内視鏡をして欲しいと言う方もいます。
そして、風邪や胃腸炎の人も増えてますます待ち時間が増えています。
長時間待っていただく患者さんたちには、申し訳無いと思っていますが、この混雑はどうにか出来ないものか。

毎年思うのですが、何故健診は12月まであるのだろうかと。
国保の特定健診が始まるのが7月から12月まで。そして徳島市の癌検診が7月から12月までですね。
どちらも市町村が絡んでいます。
健診を5月からはじめて9月頃に終われば・・いや7月から始めても10月で終われば良いと私は思います。
医療機関の忙しい時期に健診を持ってこないで欲しい。
受診者の側も、夏の暑い時には健診は来ません。その頃にすれば待ち時間もずっと少なくて済むのに。
込む時期に来られて、込んでいると言うのは、行列の出来ているラーメン屋に並んで待ち時間が我無いじゃないかと言うのと同じだと思うのです。

11月までに健診に来ずにに、特定健診をして、癌検診もして、ついでにレントゲンと心電図も取ってください、そしてインフルエンザワクチンもしてください・・そういう人が多すぎます。
個人の側からずれは、1回で全部済むので良いのかも知れませんが、みんながそういう風になると自ずと待ち時間が増えていきます。それでも良いよと仰る方も多いと思いますが、病気でしんどくて来ている患者さんの待ち時間も同じように増えてしまいます。

個人にお願いをしてもなかなかなので、行政が健診を早く終わっちゃえば良いと思うのですが、実は行政こそ全然前例を変えようとしないものなのです。
だからやっぱり個人の患者さんにお願いしたいです。
全体の待ち時間緩和のためにも、健診には7月から9月ぐらいの一番医療機関が暇な時期に来て欲しい。
虫の良いお願いだと分かっていますが、出来るだけ患者さんの待ち時間を少なくしたいのです。
年に1回の胃の検査をしたいと言う人は、秋では無くて春や夏にして欲しい。
何もかも1日で済ませたいと言う人は、専門の施設がやっている人間ドッグへ行けば良いと思うのです。(私は毎年夏に行っています)

来年からは、11月から3月ぐらいまでは、経過観察の胃の検査は止めようかななんて、本気で考えたりしています。経過観察ですから、いつやっても良いはずですから。
おちろん調子の悪い方、今すぐする必要のある方は別ですが。

毎年こんなぼやきを胸に抱きながら、この季節は診察しています。
by takahashi-naika | 2016-11-27 21:12 | 診療雑記

インフルエンザワクチン始まりました

あ〜とうとう10月は1回もブログを書かないままに過ぎ去ってしまいました。
今日から11月ですね。
1週間ぐらい前までは梅雨のようなお天気だったのが、急に寒くなりました。
人間、環境の変化に弱いので、体調を崩される人が多いようです。

今日からインフルエンザワクチンの接種が開始になりました。
小児科さんは10月からやっているところもありますね。
徳島市が一部負担する高齢者の接種が今日からですので、当院の他の患者さんの接種も今日からとさせていただいています。
例年初日は結構沢山の方が来られますが、今年は控えめのようです。

ワクチンはいつするのがいいの?
今は早いんじゃないの?と言う質問をよく受けます。
難しい言い方になりますが、その年の流行が始まる1ヶ月以上前と言うのが正しい答えとなります。
ワクチンをして、効果がしっかり出てくるのに1ヶ月ぐらいはかかるからです。

では、流行がいつからか?
それは誰にも予測出来ません。
ただ言えることは、年末年始の人の移動を機会にどっと患者さんは増えます。
だからこの時を流行の開始とすると、11月末までには受けた方が良いことになりますね。
遅いよりは、早いほうが良い・・とも言えます。

ちなみに私と当院のスタッフはいつも11月1日に接種していましたが、ここ数年は少しルーズになっています。それでも10日ぐらいまでには終えることが多いです。
ワクチン1本で大人の患者さん2人分となっています。蓋を開けたワクチンは24時間以内に打つことになっていますので、診療が終わることに1人分余っている時に打つことが多いかな?

接種した日に特に制限はありません。
入浴はもちろん可です。ただし接種後1時間ぐらいは空けてください。
激しい運動は控えることとなっていますが、これは何故かと言うと、ワクチンを打った後で激しい運動をすると、ワクチンの吸収が早くなり、もし急性の副作用(ショックなど)が出る場合、その発言が急峻で重篤になる可能性があるからだと思います。
しかし、ワクチンを打ったあと30分程度は安静にして様子をみると言うことになっています。
この時間を過ぎれば、ワクチンの吸収は終わっていると考えられるので、その後に運動制限は必要無いと思います。
同じ理由で、注射部位を揉みすぎることも吸収を促進しますので、副作用が出た場合は良くないです。
打ったところは揉まずにそっと押さえる。それぐらいで十分です。

ですから、打ったあとは揉まずにそっと押さえて、30分程度は激しい運動はせずに様子を見る。
何かあったときに、院内で居ることはもちろんです。
これをクリアしていただけたら、後は普段通りで結構です。

こんなブログを書いたことだし、私も診療が終われば打つことにします。
by takahashi-naika | 2016-11-01 18:39 | 診療雑記

たかはし内科 院長 日々の診察雑記帳


by takahashi-naika
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る