新しい絆

自分が最期をどこで迎えるのか?
それは、その人の信条がまずありますが、
その時の身体精神状況、看護介護するひとたちの気持ちやマンパワーなどにも左右されます。

今夜は、1人の患者さんを看取らせていただきました。
癌の末期の方でした。70歳の後半。
長年、生活習慣病で当院へ通院してくれていた方です。
ですから、私も最期は看取りたかった。

でも、当初は、家族に迷惑をかけたくないので、入院して死にたいと仰ってました。
まだ、癌がわかり、治療をしても効果が無かったけれど、ある程度元気な頃です。
いよいよ、動けなくなった時に、もう一度尋ねた時には、何も答えはありませんでした。
でも、介護していたお嫁さんは、自宅で看取る覚悟をされているようでした。
そう、一番肝腎なのが、家族の覚悟なのです。
主治医と家族が納得すれば、大きな障害はありません。
患者さんは住み慣れた家に居たい。それは当たり前の感情です。

多くを訴えない方でした。
少しずつ血圧も下がっていたし、血液の酸素濃度も低下していたし。
しんどかっただろうとは思うのです。
食事が出来なくなっても、私は点滴をしませんでした。
本人の希望も無かったし、家族も私に任せてくれていたからです。
少しずつ、口に含ませてあげる。水分、スープ、アイスクリームなど。
家族がしてあげる、それが大事な事だと思うのです。

医者はオーケストラの指揮者のようなものです。
どんな編成にするか、どれだけの音を出すのか考えます。
私は今回、出来るだけ人数を最小限に、音も殆ど沈黙を演奏するような構成にしました。
訪問看護婦さんに、状態観察と患者さんの世話をお願いしました。
家族が休むことが出来るのと、私が状態を把握することが出来るからです。
もちろん、本人家族が望めば、点滴もするし、酸素投与もいたします。
でも、死を前にして、必要なものは最小限でよいと考えました。

夕方に、呼吸が止まりつつあると家族から連絡があり、往診に行きました。
時々目を開いて大きな息をしますが、その間は長い時間止まっていました。
まだ脈拍は触れていました。
家族には、今晩中にお亡くなりになると思うので、お別れをしてくださいと言って帰ってきました。
でも、多分すぐだろうなと思っていましたが、家族から連絡があったのは、日付が変わる直前でした。
寝たきりになって約3週間程度、介護する人の負担もギリギリ許容できる期間だったかなと思います。

自宅で看取るときはゆっくりです。
病院のように、心電図モニターも何もありません。
本当に心臓は動いてないのか、本当に息は止まっているのか、本当に対光反射は消失しているのか。
ゆっくり診断して死亡宣告します。緊張します。

患者さんは、痩せて小さくなっていましたが、点滴も、尿のカテーテルも入らず、
お嫁さんが着せてくれていた綺麗な寝間着を着て、自然な形で亡くなりました。

昨年9月に、やはり在宅で1人看取らせていただきました。
その方は90過ぎた高齢で、老衰でしたが、やはり入院、点滴などを希望されませんでした。
家族が振り向いたらもう事切れていたみたいな、自然な亡くなり方でした。

私にも限界があります。全ての患者さんを家で看取る自信はありません。
まず必要なのは、本人の希望、そして家族の覚悟です。
しかし、本人が望み、家族も希望されても、住所が遠い方などは対応出来ない場合があります。
ある程度病状がコントロール出来てないと、本人も周りも苦労することもあります。
そういう場合は入院をお勧めしています。

でも、長年お付き合いのあった患者さん、私の文字通り手の届くところにいる患者さんの最期を看取りたい。
それがかかりつけ医の願いであり、また務めだと思うのです。

「最期まで看取らせていただいてありがとうございました」
私はいつも最後にこう言って家族に挨拶をします。
家族の方も、「先生のおかげで家で看取ることが出来ました」と言ってもらえることが多いです。
こうやって、また絆が生まれます;

これが私の喜びでもあります。

画像は、当院の軒下のツバメの巣。
どうやら、赤ちゃんが出来たようで、小さな鳴き声が聞こえます。
親は一生懸命面倒を見ているようです。
死に往く者あれば、生まれ来る者ありと言う事で・・。

a0310110_01022883.jpg






[PR]
by takahashi-naika | 2018-07-15 01:11 | 診療雑記

たかはし内科 院長 日々の診察雑記帳


by takahashi-naika
プロフィールを見る
画像一覧