人気ブログランキング |

インフルエンザ流行期になりました

例年通り、年が明けるとインフルエンザの患者さんが増えて来ました。
あちこち、帰省や初詣、同窓会、成人式などで人が動くことに起因しています。
そして2週目から学校が始まると、子どもの患者さんも増えて来ました。

インフルエンザと言えば、一番に高い熱ですね。
そして、頭痛、関節痛などの全身症状が強いこと。
もちろん、咳や鼻水もあります、時々お腹が痛い人も。

まあ、流行期になって典型的症状の人はそう間違いませんが、
時々典型的で無い人もいます。
微熱の人、ほとんど熱も無い人も。
そういう人がインフルだと言うことは、検査をしたことにより判明する訳ですが、
この人に検査をしてみようと言う動機が必要ですね。
私が長年診療しているポイントとして、インフルの人はしんどさが強いと言うのがあります。
熱がたいしたことないのに、体が尋常じゃなくしんどいですか?そういう人が多いです。

インフルエンザウイルスは空気感染するので、結構遠いところへ飛びます。
だから、どこでうつったのだろうなんて考えても無駄なんですよね。

実は私の85才の父もインフルエンザになりました。
ちゃんとワクチンもしていたのに。
土曜日に微熱と鼻水で来て、普通の風邪として処方をしましたが、
その日の夜に39度近い熱が出たと言うので、翌日の日曜日に往診に行きました。
迅速検査であっという間にA型が出ました。
抗インフルエンザ薬の点滴をしました。

インフルエンザの薬には、飲み薬、吸入、点滴があります。
私はもっぱら吸入を処方する事が多いです。
飲み薬は、簡単ですが、時々吐いたり、下痢したりする副作用がありますので。
患者さんには出来るだけ早く帰って欲しいので、点滴を処方する事は一番少ないです。

しかし、父をはじめ、高齢者の方には点滴をしています。
熱でもうろうとしてる時に、吸入のやり方など説明しても分かってないことが多いのです。
内服を処方しても、しんどいから・・と飲んでないことも多いのです。
ですから点滴です。

翌日も点滴に行き、そのあたりで解熱してきました。
予想通り、父は前日に私が来たことは覚えていましたが、服薬に関して(他の症状に対してクスリを出していました)あれこれ説明したことは
全く覚えて無かったようです。
正月過ぎて出かけたのは、スーパーに一度買い物に行っただけなのに・・と言ってましたけど、だからわからないんだって。
母には、予防で内服薬を飲ませていました。一瞬微熱が出ましたが、その後すぐに下がって事なきを得ました。

若い人がインフルエンザになって高熱が出てもあまり心配しませんが、やっぱり高齢者は心配ですね。
私の日祝の連休はこんな風に終わったのでした。

インフルエンザの正確な診断は、迅速キットによって行います。
熱が高くなって12時間ぐらい経たないと陽性率が上がって来ませんが、早期で出る方も居ますので、私は来た患者さんは、時間が短くてもテストはしています。
大事なところ・・・・テストが陽性なら間違いなくインフルだけど、テストが陰性なら絶対に違うとは言えない。
おかしければ、翌日にもう一度検査することをお勧めします。
家族に患者さんが居るときは、検査せずとも、治療をする場合が多いですが、それで外れは滅多にありません。
診断は治療をするためにしますが、そのために必ずテストが必要と言う訳ではありません。

流行期、風邪かなと思っても、インフルエンザの可能性は考えていただきたいと思います。


インフルエンザ流行期になりました_a0310110_18034338.jpg



by takahashi-naika | 2017-01-16 18:28 | 診療雑記

たかはし内科 院長 日々の診察雑記帳


by takahashi-naika
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る