人気ブログランキング |

暑くなってきました

またもや、1ヶ月以上開いてしまいました。
これではブログとは呼べませんね・・と反省。

雷も鳴らずに梅雨が明けましたが、痛いぐらい暑い日が数日あったけど、あとは湿度の高いあまり気分の良くない天気ですね。
湿度が高いと体調を崩す人が多いです。
エアコンはもちろんですが、それ以外の対策も色々立てましょう。

エアコンの使い方について・・これは別に医学的な話ではなく、私の個人的体験からの勧めですが、
あまり至近距離で体に当たったり、冷やしすぎは良くないですね。
部屋が冷えすぎていると、トイレに行くために廊下に出たとたんに暑さでめまいがして、なんてことになりそうです。

だから、戸を開けてエアコンを付けておけば良いと思います。
そうすれば、部屋も冷えすぎず、廊下に出ても温度差が無く暑い思いをせずにすみます。
廊下の戸で無くとも、隣の部屋との間を開けて、隣の部屋のエアコンを付けておくぐらいがちょうどでないでしょうか?色々と試してみてください。

そしてかかせないが水分摂取です。
汗で奪われた水分を補給しておかないと、体は水分不足になり、血液も尿も濃縮されます。
脳梗塞や尿路結石も起こりやすくなります。

では、何を飲むか?
お水やお茶だけではいけません。
汗には塩分が含まれています。大量の汗をかくことにより、塩分も失われているので、そこに水分だけを補給すると更に血液中の塩分濃度が薄くなり、からだがだるくなったり頭痛がしたりしてきます。
ですから、塩分と水分を一緒に補給する必要があります。
いわゆるスポーツドリンクは、塩分も含まれていますが、少なめで糖分が多いので、あまり勧められません。特に血糖値の高い人や肥満の人は注意をしてください。

熱中症や嘔吐下痢の時に飲むドリンクは、大塚製薬などから発売されていますが、そうでなくとも、水分と塩分を一緒に摂取すれば良いわけです。私のお勧めは梅干しかな。
昔から日本人は、夏に野外活動をする時には、梅干しのおにぎりと麦茶を持って行っていました。
朝、家を出る時に梅干し1個、昼食時にも1個、帰って来て1個と食べてみたらどうでしょう?
最近はやりの減塩ではなく、昔ながらの塩からいのが良いと思います。
社員に梅干しを配っている会社もあるそうですね。

それと、一番大事なのは、暑いところを避けると言うことです。
建設業など、どうしても避けならない人も居ると思いますが、高齢者が暑い時間帯に草抜きをして気分が悪くなり・・みたいなこともよくあります。
それと睡眠不足、アルコールもよくありません。
二日酔いの時などは、強い作業をしないように。そして監督者はそういう人を仕事から外すことも必要ですね。

暑い時期も、時間が経つと慣れてきます。
熱中症が起こりやすいのは、梅雨の終わりから夏の初めにかけてが多いのです。
ご注意くださいね。
by takahashi-naika | 2016-07-26 16:19 | 診療雑記

たかはし内科 院長 日々の診察雑記帳


by takahashi-naika
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る