まだまだフル多い

インフルエンザの流行が始まって1ヶ月経ちましたが、まだ結構患者さんがおられます。

今はB型の方が優勢な気がします。
そして子どもの患者さんが多い。
来週に卒業式があるようで、本人がかかる場合は、まだそれまでに治りそうですが、家族がかかったときにうつらないか?これからかかると、卒業式にかかってしまう・・そんな心配の方も多いようです。

どうしたら良いかと聞かれるのですが、基本の手洗い、うがいをして出来るだけ患者さんから離れていても、感染力が強いのがインフルエンザですから・・。
一番、予防として確かなのは、抗インフルエンザ薬の予防投与です。
これは自費診療になりますけどね。

私も、スタッフも患者さんが多い時期には2週間ほどずっと予防投与をしておりました。
どの薬剤も使えますが、病気の無い人がするわけですから、一番身体に負担が少ないと考えられる吸入薬を使っています。

ただ、それも完璧ではありません。
先日、予防投与をしていても発病した方が居ました。
恐らく投与が始まった時には既に感染して発病しかかっていたのだと思いますが。
結構高い熱が出ていましたが、軽症で済んだと(熱がすぐに下がる)と信じたいです。
自費で高いお金を出してもかかってしまうと、ちょっと悲しいものがありますね。

でも、今までずっと何年も予防投与をしてきて、一人だけでしたから、確率的には少ないと思います。
予防投与を希望の方も、受付でお申し出ください。
保険は使えませんが、カルテは作らせていただきます。

急に寒くなりましたが、今朝息子を駅まで送る途中で満開の桜を見ました。
狂い咲き?と言うほど早くもないですね。
もう、そこまで春が来てるのかな?

では、皆さん、明日も元気で!
[PR]
by takahashi-naika | 2016-03-10 19:31 | 診療雑記

たかはし内科 院長 日々の診察雑記帳


by takahashi-naika
プロフィールを見る
画像一覧