今年のインフルエンザワクチン

11月1日よりインフルエンザワクチンの接種をしております。

今年のワクチンは昨年度までの3価ワクチンから4価ワクチンへと変更されております。
どういうことかと言うと、例年まではA型2種類、B型1種類のウイルス株を使っていたのを
今年からはB型がもう1種類加わってA型2種類、B型2種類を使うようになりました。
インフルエンザは大きく分けるとA型とB型なのですが、それぞれに細かい亜型があります。
流行を当て込んでワクチン製造に使う株を決めているわけですが、それが外れると効果が悪い。
1種類増えたので当たる確率が増えたと言う事です。

ワクチンの効果については、疑問を持つ人も居ると思います。
ワクチンをしたのに、インフルエンザに罹るひとは多い。
腹が立つかも知れません。高いお金を払ったのに・・。
しかし、ワクチンをしている人はかかっても症状は軽いはずです。
それと、個人ではなく集団と言う範疇で考えると、ワクチンの効果はあります。
分かり易く言えば、家族全員で、職場全員で、学校全員で接種を受けると効果があがると言う事です。

ワクチンの内容が変わったことにより、ワクチンの仕入れ価格も上昇しています。
おおざっぱに言って1人頭500円前後の増加です。
従って当院でも、昨年度までの料金よりは500円多く料金を頂く事にしました。
小学生以下の接種料が少ない方は、300円の増加となります。

御理解ください。
[PR]
by takahashi-naika | 2015-11-08 21:52 | 診療雑記

たかはし内科 院長 日々の診察雑記帳


by takahashi-naika
プロフィールを見る
画像一覧