も少し早く

いつの間にか12月、今年もあとわずかとなりました。

例年通りと言おうか・・この時期には健診の駆け込み受診、インフルエンザワクチン希望の方、それに冬の名物胃腸炎(ノロウイルス)、そしてインフルエンザにかかった人など、色々な患者さんで待合が溢れます。
1年で一番忙しい時期です。

個人的には、こういう状況は好きではありません。
病気の人と、健診やワクチンなど予防医療の人は一緒にしたくないと言うのが偽らざる気持ちです。
だってそうでしょう?
インフルエンザワクチンを待っている人の横で、インフルエンザの患者さんが待っているなんて、あまりにシュール過ぎますよ。

夏から秋にかけて健診、秋にワクチン、そして冬に入れば病気の人、そんな風に上手く別れてくれないかなと思う日々です

先日の新聞に、今年のインフルエンザは流行が早いと言う記事が載ってから、急にワクチンの人が増えました。先週の土曜日なんて30人ワクチン打ちました。
今日も多かったし、まだまだ増えそうですね。

けれど出たんです、インフルエンザに罹った患者さんも、それも2人。
まだ局地的な流行ですが、これから本格化していくでしょう。

よく言われることに、あまり早く打つと効果が切れちゃうから、出来るだけ遅めに打つと言うことがありますが、これは間違いです。
ワクチンは一度打つと半年近くは効果が持ちます。
現に小児科は10月から打ち始めているところもあります。

ワクチンは打ってからすぐに効くわけではありません。
抵抗が出来るまでには1ヶ月ちかくかかります。
ですから、ワクチン接種は11月終わり頃までに済ませておくのがよいと思います。
私は毎年11月1日に打ってますよ。

今年遅かった人は是非来年はお早めにどうぞ。
また、胃腸炎、風邪、インフルエンザの患者さんが増えるこの時期までに、健診も終わらせておいた方がよろしいかと思います。

では、今年もあと少し、皆さんご自愛ください。
by takahashi-naika | 2014-12-09 00:21 | 診療雑記

たかはし内科 院長 日々の診察雑記帳


by takahashi-naika
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る