ドアに手を近づけてください

当院の自動ドアは、人が近づけばセンサーが感知してドアが開くようになっていました。
だた困った事がありました。

出て行く場合、玄関で靴を履くためにかがんだり、椅子に座ったりするだけでもドアが開いて、冬は冷たい風が長い時間待合室に吹き込んで、座っている人が寒い思いをする、そういう事があったのです。

センサーの方法を変えました。
タッチ式の自動ドアがあります。
ドアのところにタッチすると開く奴ですね。
それなら、開きっぱなしの時間が少なくなります。

当院の場合、触らなくてもその近くまで手が行けば、センサーが感知してドアが開きます。
要するに、センサーをドアのごく一部の領域だけにしぼった訳です。

慣れるまで、このように張り紙をしておきますので、手を近づけてください。
ドアに触る必要はありません。

外から入ってくる場合は、今まで通り近くまで来たら開きます。

少しでも皆さんが寒い思いをする機会が減れば嬉しいです。

では、今日も元気で!

a0310110_16564694.jpg

[PR]
by takahashi-naika | 2013-10-05 16:56 | 診療雑記

たかはし内科 院長 日々の診察雑記帳


by takahashi-naika
プロフィールを見る
画像一覧