人気ブログランキング | 話題のタグを見る

インフルエンザワクチンの在庫について

11月29日月曜日朝現在、ワクチンの在庫は2人分です。恐らく、午前中に無くなると思います。
また入荷はあります。100人分以上の入荷がある予定ですが、日時が決まっていません。
12月15日まで持って来ないとキャンセルと、問屋に言ってあるので、それまでには入荷すると
約束を貰って居ます。
入荷次第、このホームページのお知らせに書きますので、注意して見ておいてください。
繰り返しになりますが、電話でのご予約、お取り置きは出来ません。よろしくお願いします。こn
繰り返しになりますが、ワクチンの在庫状況はこのブログでは無く、HPのお知らせの方にメインで書きますので
そちらをご覧ください


# by takahashi-naika | 2021-11-29 08:46 | 診療雑記

全ての人のインフルエンザワクチン受け付けています。

朝令暮改と言われそうですが、急にメーカーからある程度のワクチンが来ることになったので、2回打ちのお子さんをはじめ、
全ての人のインフルエンザワクチンを受け付けることにしました。今の時点で60人分ぐらいのワクチンが在庫しています。

なんでこういうことになったかと言えば・・
例年ならば、1Ⅰ月中頃までには、当院がメーカー(正確には卸)に発注したワクチンが全部納入されるはずなのですが、
今年は、さみだれ式に少しずつ持って来られるような事態になったからです。

ワクチンの製造は、薬の製造と違って、時間がかかります。
そして、繊細な物なので、せっかく作ったワクチンが検定で不合格になることもあります。
今年も、あるメーカーのワクチンの1部ロットが不合格となり、その分の入荷が減った。
それを見て卸も発送制限をかけた、そんなところが理由だと思います。

予約をとって1日何人ぐらいと決めて打っている医療機関は、ワクチンの必要数も目安が立ちますが、当院のように予約を取らず、
かかりつけ以外の方にも接種する医療機関は、今回のように何度にも分けての発送になると困る事態になるわけです。
当院も、翻弄されていることを御理解ください。

なぜ、予約を取らないか。
予約をとる電話の業務で忙殺されてしまうからです。
電話を取ってから、あれこれ接種日を悩む人、いったん決めたのに、また電話をかけてきて、やっぱり日を変えて欲しいと言う人
コロナワクチンと違い、融通が効く分、当院のスタッフも一生懸命対応しようとすると、更にそれだけ時間を取られる。
そういう理由で予約は止めました。

さらに、やはり地域を預かる医院として、普段病院へ通院してない人、他院へかかっている患者さんにも対応しようと思っています。
そういう訳で、常に必要なワクチン数は未知数であるし、増えていく訳です。

今回は、12月後半にと言われていた分を、15日までに持って来ないと、もうキャンセルするかも知れないと談判して、早めに持って来て貰うことにしました。ただ、それがいつ入って来るか未定です。

ですから、電話でワクチンの在庫を確かめてから受診ください。
電話の時にあっても、来た時に無くなってくることもあり得ますので(2日前がそうだった)早めに起こしください。





# by takahashi-naika | 2021-11-24 16:43 | 診療雑記

12才以下のお子さんのインフルエンザワクチン接種について

現在、インフルエンザワクチンの入荷が非常に不規則となっています。
こういう事情を鑑みて、苦渋の決断ではありますが、当院では現在から12才以下のお子さんの接種をお断りせざるを得ない状況となりました、

2回目の接種のお子さんの数はあまり多くはありません。
しかし、そのためにワクチンを先送りして確保しておかねばなりません。
さみだれ式に散発的にお子さんの接種が入って来ると、2回目用のワクチンはどんどん先送りになり、ワクチンロスも増えてしまいます。

具体的にお話します。
これから1回目を打つお子様は、恐らく12月の上旬〜中旬に2回目を打つことになります。
その頃には、ワクチンはもうなくなっており、1回だけ接種の人達は既にお断りしている状況になります。
つまり、一般の人はお断りをしているけども、確保していたお子さんの2回目は打つと。それは別にそれで良いのですが、
そこで余りのワクチンが出ると、たまたまタイミイングの合った一般の人にワクチン接種をするわけですが、そうなると
先にお断りした人達に対して、不公平になってしまいます。実際に家庭都合や体調不良で、予定の日に2回目を打てない人も結構多いのです。
(11月後半からは、胃腸炎を始めとして、色んな病気が流行り出しますので)その時に、打つ希望者がいないとワクチンはそこでロスになり、
さらに、延期した子の分も確保する必要が生じます。

他院で、子どもの2回目は確保出来てなかったと言われて、当院で接種することもこれまで幾度となくありました
当院でそういう状況を作りたくないのです。2回目の分を確保するために、色々と計算するスタッフの苦労も大変なのです。

そういうことを考えると、もう今の状況で2回打ちのお子さんの分を確保するのは難しいと言う結論になりました。
心苦しいですが御理解ください。




# by takahashi-naika | 2021-11-22 16:36 | 診療雑記

特定健診、インフルエンザワクチン接種に来られる方へ

11月入り、特定健診とインフルエンザワクチンの受診の方が急に増えてきました。
もちろん、その他癌検診(大腸癌、前立腺癌)に来られる方も増えています。

お願いがあります。
健診には時間がかかります。
問診票の作成、尿検査、診察、心電図、採血 1人あたり早くても20分程度はかかります。
ご夫婦で来られると、その倍かかると考えて頂いて結構です。

また、がんの検診も問診票の記入に時間がかかります。

インフルエンザの問診票も、特に徳島市の高齢者のものは、わかり憎く面倒で記入に時間がかかります。
接種をしてから、コロナワクチンと同じように経過観察の時間を取って帰って貰わないといけません。

で、お願いなのですが、その時間を逆算して受診してください。
当院の午前診察は12時に終わります。夜の診察は19時に終わります。
ドクターも職員もそれぞれ生活があります。急病の方で残業になるのは仕方無いですが、健診や予防接種のために残業するのは本意ではないです。
時間的無理が重なるとミスも出ます。

終了間際になって、ひょいっと来られる方が居られますが、基本的にはお断りさせていただく場合が多いです。
出来れば午前は11時までに、夜は6時頃までにはお入りください。
特に、健診、インフルエンザとか複数のことをしようとお考えの方は、更に出来るだけ早めにお入りください。



# by takahashi-naika | 2021-11-10 11:59 | 診療雑記

帯状疱疹と、帯状疱疹ワクチンに関して


私はテレビは、NHKの朝のニュースと朝ドラ、スポーツの国際試合ぐらいしか見ないんですが、(要するにコマーシャルのある民放はまず見ない)
最近、やたらと帯状疱疹ワクチンに対する問い合わせが多いのはなぜ??と思っていたら、テレビで大々的に宣伝しているらしいですね。

以前肺炎球菌ワクチンが始まった頃にもテレビで宣伝をしていた記憶があります。

ここで、すこしみなさんが迷われること、知らないことがありますので、ブログで追記しておきたいと思います。
帯状疱疹のワクチンには2種類あります。
以前から使われている生ワクチンと、最近開発された不活化ワクチンです。
これらは、効果、打つ回数、費用などがかなり違います。

その違いを書こうと思ったのですが、私の言いたいことを全て書いてくれてあるサイトが見つかったので、それを貼り付けて無精したいと思います。
帯状疱疹ワクチンをどうしようか思っている方は、このサイトを読んで、どちらのワクチンを打つか決めた上でお電話をください。

要点をまとめて私のコメントを付け加えると、

・帯状庖疹の予防にはワクチンが2種類ある。
・ひとつは、現在も子どもの水ぼうそうの予防に使われている、水痘生ワクチン。
・もう一つは、最近開発された、不活化ワクチン。
・予防効果に関しては、不活化ワクチンの方が優れているらしい。
・ただし、2回の接種が必要で、その合計金額は生ワクチンの5倍以上する。
・全ての高齢者が帯状庖疹を発症する訳では無い。60才以上で100人に1人程度。
・また、治療薬もあり、発症した全ての人が重症化する訳では無い。
・重症化とは、長い間痛みが残ったり、顔面神経麻痺や難聴(ハント症候群)を起こすことである。
以上のことを考えて、ワクチン接種、どのワクチンを使用するかを考えるべきでしょう。

通常診察の際に、ワクチンのご相談に関しては、受けさせていただきますが、電話であれこれ相談するのは、業務の支障になるので、お控えください。

よろしくお願いします。

帯状疱疹と、帯状疱疹ワクチンに関して_a0310110_16212083.jpg




# by takahashi-naika | 2021-11-01 16:22 | 診療雑記

たかはし内科 院長 日々の診察雑記帳


by takahashi-naika
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る