診察室の絵を掛け替えました

梅雨の晴れ間の水曜日、みなさんお元気ですか?
と、言いつつ、今年の梅雨ってずっと晴れていますよね。
おまけに湿度が高くなくて、朝夕は寒いぐらい。
非常に過ごし易いです。夏の終わりまでずっとこうでも良いけどなあと思いつつ、
急にギャっと暑くなったりしないだろうなあと、戦々恐々です。
自分的には過ごし易いと思いますが、やはり人それぞれのようで、季節の変わり目はやはり堪えるのでしょうか?
今朝から「今日は体がだるい」と言う訴えの患者さんが何人かおられました。

病気と言うのは、時間軸を考えないとなかなか見極めが出来ません。
良くなったり悪くなったりしながらも、長い目で見れば大きく変わらないのは、大抵機能的な病気で
生き死にに関係するような異常ではありません。
逆に少しずつ、確実に悪くなっていくようならば、何か器質的な大きな病気が隠れている可能性があります。

ですから、昨日までは元気だったのに、今日は今朝からしんどい・・そういう訴えの方は
熱が出ているような特別な所見が無い限り、少し様子を見ないと何とも言えないと思います。
様子を見ると言うのは、医者の消極的な先延ばしの態度ではなく、積極的な観察なのです。

で、話題は全然変わりますが、診察室周りの絵を購入して掛け替えました。
病院の診察室ですから、当然あまり突拍子も無い絵や、刺激の強い物は駄目でしょう。
明るく、暖かく、癒し系の絵が中心になります。
そんな目で見ていて、ちょうど目に留まった作家さんが居たので、その方の絵を3枚買いました。
死んでしまった愛猫と、雪だるまさん(猫を愛する人の象徴と言うことです)の絵を沢山描いています。
また診察におこしの際に、ゆっくりと眺めてください。
この方の名刺に付いているこの猫の絵も欲しかったのですが、残念ながら既に他の人に貰われた後でした。

ちなみに、私の妻と、うちのスタッフの2人は、この雪だるまさんを見て「お地蔵様」と言いました。
皆さんはどちらに見えますか?

a0310110_14563823.jpg
a0310110_14565540.jpg
a0310110_14582885.jpg
a0310110_14591037.jpg

[PR]
by takahashi-naika | 2017-06-14 15:00 | 診療雑記

たかはし内科 院長 日々の診察雑記帳


by takahashi-naika
プロフィールを見る
画像一覧